開発ストーリー


スニーカーを愛してる人たちに
もっとスニーカー集めを楽しめて
スニーカーに触れ合える
時間を提供したい。

スニーカーを愛してる人たちに もっとスニーカーを楽しめて 触れ合える時間を提供したい。

作りたかったのは
コレクションを3倍楽しむ方法

スニーカーが大好きだ。
スニーカーは高額な絵のような価値があると思っている。新作はSNKRSで抽選するし、オフホワイトのJORDAN 5はプレ値でも買った。
自慢のコレクションは日々増えて、今ではスニーカーの箱が部屋を埋め尽くしている。

スニーカーにハマって8年、集めたコレクションにはプレ値が付いているスニーカーもあるしボロボロだけど思い出のスニーカーもある。たまに箱を開けると「このスニーカー持ってたなー。やっぱかっこいいぜー」なんて思う。

このスニーカーは雨の中、並んでまで買った思い出のモノだ。「久しぶりに見たな。」今は季節感が違うし、今日の服装とは合わないからとそっとまた箱に戻す。

履かないスニーカー。
かっこ良いけど今は履く気分ではない。
そっと箱にしまって重ねる。

その瞬間が切なかった。

たくさんのスニーカーがあるのに、、
たくさんコレクションしたのに、
1日に1足しか履けない。

もっとスニーカーを楽しめて触れ合える時間はないのか?

 

 

箱に眠ったままのスニーカーを
もっと輝かせられないのか?
ここからFLY SHOESは始まりました。

 

スニーカーは飾って楽しむ

スニーカーは
履いて楽しむもの


ずっとそう思っていました。仕事ではスニーカーは履いて行けないから休日にスニーカーを履きます。Jordan1 Mochaも履きたいし、Dunk White Blackも履きたい。悩みに悩んでJordan1 Buleを履いて出かける。

スニーカーを楽しみたいのに足は2本、履けるのは休日の2日間だけ・・
そんなある日、友達の家へ遊びに行くと”壁にスニーカーをデイスプレイ”していました。
自慢のコレクションを眺めながらお酒を飲む友人の顔は幸せそうでした。その時に、スニーカーは履くだけが楽しみ方ではない。
スニーカーはアート作品で眺めるのも楽しいと気づかされました。

スニーカーをインテリアにして鑑賞して楽しむことができたら今よりももっと自分のコレクションを活躍させられると確信しました。

それからはどうやって飾るのがよりスニーカーの魅力を惹きだせるのか考えました。ワイヤーラックで吊るす、有孔ボードにフックを付て置く、棚をDIYしてみる、たくさんの飾り方はあるけれど、もっと誰もやっていない方法でやりたかった。

バックトゥーザフューチャーを見た日に、スケボーが浮かんでいるのを見て「これだー!!」と思いました。(笑)
スニーカーが浮いていたら絶対にカッコいい!では、どうやって浮かせるのか?

答えは”リニアモーターカー”にありました。2027年から東京-名古屋間を開通するリニアモーターカーは時速500㎞で東京-名古屋を40分で運行するそうです。
この速さの秘密は”浮いている”ということ大きなリニアモーターカーが浮く仕組は”磁気浮上”という現象を利用しています。
スニーカーを”磁気浮上”させることが出来れば物理的にスニーカーを浮かせることができます。
すぐに磁気浮上を実現できる工場を探し、試作品を製作しました。納得の品質になるまで施策台数53台、1年の時間がかかりました。

このスニーカーを浮かせるマシーンを【FLY SHOES】と名付けました。スニーカーヘッズにFLY SHOESを届けできるようにクラウドファンディングで資金を集めて製品化しました。

自分がスニーカーを楽しみたいという想いから生まれたFLY SHOESですが、スニーカーヘッズ達が愛したスニーカーを名画のように輝かせます。

スニーカーを楽しむ時間を3倍にするFLY SHOESでスニーカーライフをお楽しみください。

(株)TradeFKJapan 
代表取締役社長 

 秋吉 


Sold out